2022/12/26
ぎっくり腰(急性腰痛)や寝違えに注意

こんにちは。経堂みやび鍼灸整骨院です。

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

年の瀬ですが、この時期はぎっくり腰や寝違えが増えます。要因は様々ですが、多くは

①気温の低下

②大掃除や片付け

がほとんどです。

ぎっくり腰や寝違えの多くは、筋肉の攣縮反応(局所で攣っている状態)により痛みが出てしまいます。そして、痛みを強く出さない為に、防御反応として周囲の筋肉が同時に固くなり、血流不全が起きています。

肉離れが起きていると思っている人も多いですが、そのようなケースは非常に稀です。

治療方法としては、

攣縮反応が起きている筋肉に対して、適切な刺激(手や鍼)を入れて、元の状態に戻してあげれば良いのです。

そして、患部をしっかり温めてあげる事が大切です。冷やした方が良いのでは?と思っている人が居ますが、患部が腫れていたり、内出血でもしていない限り、冷やしてしまうと治るのが遅くなってしまいます。

まずはぎっくり腰や寝違えにならな事が大切ですが、もし受傷してしまったら、適切な治療をして適切な自宅でのケアをしましょう。

経堂みやび鍼灸整骨院では、治療は勿論、自宅でのケアや再発予防策をしっかりお伝え致しますので、困った事があれば当院にご連絡ください。